2017年5月29日 (月)

アゼリアジャズ オーケストラ 第25回定期コンサートが開催された。

Rikiya0827_2

■一昨日の27日(土)大阪池田市のアゼリアーホールで開催された足立衛&アゼリアジャズ オーケストラ(AJO)の公演が行われた。このコンサートは同バンドの記念すべき第25回目定期公演となる。

全国広しと言えどホール付のジャズオーケストはこのアゼリアジャズーケストラしかない。いけだ市民文化振興財団の肝いりで、関西ジャズ教会の協力のもとに創立されたものだ。

すでに13年目の歴史を誇っている。

※画像は当日のプログラムの表紙。

 

■今回の特別ゲストはドラマーの東原力哉氏。力哉氏の演奏は、オーソドックスなビッグバンドドラミングを踏まえたうえで、新しい感覚、斬新なフレージングを存分に展開。ダイナミックかつスリリングなプレイは、会場のお客様の(一緒に演奏したミュージシャンも)心をわしづかみにした。

私は、終演後の打ち上げそして二次会にも参加し、同じテーブルで力哉氏と親しくお話しをすることができた。

facebookに写真がたくさん出ていますので、ぜひご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/itaru.sawasaki

» 続きを読む

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

ネットワークオーディオの楽しみ 3 色男の歌

Vic_damone_2

※画像はVic Damone

■“イケメン”という言葉があるが何時いかなるときから使われだしたのだろうか。かつてはそのような言葉はなく、あるのは“ハンサム”若しくは“男前”などと言う言葉だった。“イケメン”の語感は限りなく軽い。現在は“イケメン”の氾濫である。なんでもかんでも“イケメン”。ちょうど女性が好んで使う“カワイイ”に相当する言葉か。
“ハンサム”は死語に近いし、“男前”にいたっては女性のほめ言葉として使われているという倒錯した現象もある。
“イケメン”には、男としての重みというか厚みというかそんなものは無い。言ってみれば、腐敗しないプラスチックのようにつるつる。そこには肌触りというかぬくもりが無い。
これはそういう男が増えてきたからなのかなとも思う。
“苦みばしったいい男”あるいは“男っぷりのいい”という今となってはいささか時代ががった表現だがそんな男には“イケメン”はまず似合わない。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2013年12月25日 (水)

ネットワークオーディオの楽しみ 2 Pent House Radio

■ネットワークオーディオの狙いはCDの楽曲データ全てをHDに落とし、リモコン一つで検索再生をすることだった。CDをラックから一々取り出し、トレイに入れ再生する、終わればしまう、という従来の煩瑣な作業がたまらなく面倒なのでこれを避けたかった。要するにズボラかましたいということだった。

Imag0324k

このズボラかましたいという思いは、結構年季が入っている。一番最初はCD10連装の車のオーディ。次に50枚のCDが装填可能なPionerのコンポを購入。しかし、たちまち50枚ぽっちでは不満に。それならとONKYOの80GのHDを内蔵したHDオ-ディオに。約8,000曲をHDに収納しリモコン一発操作でオーディオを楽しんできた。ところが、11月にこのコンポが故障し再生不能に。そこで次に取り組んだのがネットワークオーディオコンポにというしだい。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2013年12月17日 (火)

ネットワークオーディオの楽しみ 1 活用法

最近、The Penthouse RadioというInternet Radioばかり聴いている。

Dscf1063k_2

※画像はネットワークレシーバーCR-N755

このラジオ、アメリカの放送局だけど、実に美味しい。ボーカルが比較的多いのだが、普段はあまり耳にしないシンガーや演奏が実にさりげなく流れる。名前は聞いたことがあるがよくは知らないというシンガーが目白押し。

例えば“Smokey Robinson”。“Fly me to the Moon”を歌っていたが文字通り“Smoky=くすぶったような”声、実に渋くて良い。さらに“Matt Monro”このひとも名前は聞いていていたがちゃんと聴くのは初めて。これも渋い。アンディウイリアムスをジャズっぽくしたような感じ。声が実に良いけど単に良いだけではなくもっと奥行きがある感じ。“Perry Como”の“This is All I Ask”も単に甘い歌声というだけでなく切なく説得力がある。

アメリカのリスナーはこんなのいつもに聴いているんでしょうね。

■と、書いたのは、最近ネットワークオーディオに取り組んでいるから。これがなかなか面白い。11月にONKYOのCR-N755というネットワークレシーバーなるものを購入した。

ネットワークレシーバー(以下単にレシーバー)って何ができるか。上記Internet Radio以外にこれがかなり多彩な楽しみ方ができる。まずCDが聴ける、これは当たり前。次にAM・FMラジオが聴けるこれも何の変てつも無い。

次にいよいよ、ネットワークという意味。LAN環境を用意すれば、サーバーのHDディスクに手持ちのCDをCDレベルの音質で保存でき再生ができる。一々CDをトレイに入れなくても容量無制限で保存した音を簡単に再生できる。私は2テラバイトのHDをRaidにして使っているので、およそ2800枚(そんなには持っていないし持つつもりも無いが)ほどのCDの音データが保存可能、そして検索再生が手元のリモコンで可能となる。私のようなものぐさには最高である。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2013年12月 2日 (月)

ブログ再開宣言!!

ずっと2011年9月から、ブログ開店休業状態になっていましたが、再開することにし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

第一回大学OBビッグバンドジャズ祭り 大成功!!

前回の記事でお知らせしました。第一回大学OBビッグバンドジャズ祭りは、約750名のお客様を迎え、大成功のうちに終えることが出来ました。

今回のこの取り組みで一番驚いたのはマスコミ特に新聞の関心の高さでした。(下記記事は毎日新聞)

20110825mainichi_2

» 続きを読む

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

第一回 大学OB ビッグバンド ジャズ祭り

第一回 大学OB ビッグバンド ジャズ祭り(以下OB ジャズ祭り)が9月17日(土曜日)、兵庫県西宮市の”アミティ ホール”にて開催されます。このコンンサートは、関西地域の四つの各大学のOBで結成されたBIG BANDが演奏しそのサウンドを競うというものです。各バンドにはプロで活躍するOBプレーヤもゲストで参加。併せてゲストバンドとして西宮市内で活動する社会人バンド”桃色JAZZ楽団”も参加し華を添えることとなっています。

Ob_big_bandfes1_2

» 続きを読む

| | コメント (2)

2011年5月31日 (火)

東日本大震災チャリティ・ジャズコンサート

平成23年5月7日、大阪梅田桜橋の”サンケイホール・ブリーゼ”にてタイトルのコンサートがNPO法人関西ジャズ協会、なにわジャズ大賞運営委員会の共催で開催された。関西在住のジャズミュージシャン54名、ボランティア21名、などなど多くの方々の協力を得ることが出来た。ご来場のお客様も900名を超え、大成功をおさめることができた。若干お手伝いした者として、全ての皆様に感謝したいと思う。「ありがとうございました」

Photo_3

» 続きを読む

| | コメント (5)

2011年2月20日 (日)

やっとの掲載

昨年、記事を投稿してから約3ヶ月、更新サボりっぱなしで実に気がひけます。でもまぁ勇気を出して更新です。昨年のBJO25周年の写真を掲載します。詳しくはBJOのホームページにも掲載の予定です。とりあえずリハーサル風景を中心に。

心配そうに見つめる舞台監督の植村晃氏

2b_4

» 続きを読む

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

BJO創立25周年記念コンサート 無事終了

Bjo101114_3

BJO(Bluesin' Jazz Orchestra)の創立25周年記念コンサート、無事終了しました。少し曇り気味の14日の日曜日、豊中市立アクア文化ホールには約400名のお客様がご来場され、ほぼ満席の盛況となりました。このコンサートを支えて下さった全ての皆様に感謝する次第です。

※画像はプログラム。後日、当日の写真アップします。

» 続きを読む

| | コメント (3)

«Bluesin' Jazz Orchestra 結成25周年