« Bluesin' Jazz Orchestra 結成25周年 | トップページ | やっとの掲載 »

2010年11月18日 (木)

BJO創立25周年記念コンサート 無事終了

Bjo101114_3

BJO(Bluesin' Jazz Orchestra)の創立25周年記念コンサート、無事終了しました。少し曇り気味の14日の日曜日、豊中市立アクア文化ホールには約400名のお客様がご来場され、ほぼ満席の盛況となりました。このコンサートを支えて下さった全ての皆様に感謝する次第です。

※画像はプログラム。後日、当日の写真アップします。

●コンサートには、実にたくさんの方にお見え頂きました。高校時代の同級生がご子息とともにそれこそ20年ぶりに聴きに来てくれたり、大学の先輩やかってBJOに所属していたメンバー、ジャズバー”ヌーボー”で良くご一緒する方々、ライブハウスのマスターやママ、西宮のバー”DOG HOUSE”の友人、そしてバンド仲間、全ての皆様ありがとうございました。また、ゲストには、私が尊敬するテナーサックスの山口真文さんをお招きし、華を添えて頂きました。

●今回のコンサート、25周年の集大成的な意味合いがありましたが、私にとって一番の目玉は”Big Band”で歌うことでした。企画を色々考えているとき、コンサートマスターから「歌って下さいよ」といわれたのです。彼の発言の真意は”25年BJOで頑張ってきたのだから”ご褒美”にということのようでした。これは嬉しかったですね。

●さっそく以前から頂いていたBig Bandアレンジの譜面を用いて”I Wish You Love”を歌うことに決めました。この曲、別れていく恋人の幸せを願うラブバラード。メロディがとても美しいのです。もともとはシャンソン。ジャズボーカルをかじりはじめた頃から歌っていました。譜面では前奏がついていましたが、これはカット。ヴァースを歌うことにしました。このメロディがまた切なくもまた美しいのです。ただ、ヴァースの冒頭オクターブで音が飛ぶのですがこれが難しかったですね。練習の際にカラオケを録り車の中で合わせて歌ったり、i-podに入れ、少しでも時間ができたら様々なところで練習をしました。

●本番前のリハーサルで、間奏の8小節本来はトランペットのソロですが、無理を承知で真文さんにお願いしましたところ、真文さんは実に気持ちよくOKして下さいました。ドラムスもゲスト出演の竹田達彦氏にお願い、なんとも贅沢なセッションが実現したのです。真文さんの本番での演奏は、聴き惚れて思わず歌を出そこないそうになるくらい素晴らしいものでした。正に至福の瞬間でした。

●25年やってきて、多くの方から”やり続けることは素晴らしい”とお褒めの言葉を頂きました。しかし、何か大層なことをしたとか、よく頑張ったというふうな気持ちは全くありません。ただ、ジャズがBJOが好きであったこと、好きであり続けた結果にすぎないと思っています。好きであり続けた自分に感謝するといったところでしょうか。

皆様、本当にありがとうございました。

※私の友人がコンサートを聴きに来てくれました。後日、”I Wish You Love”の訳詞を送ってきてくれました。公認会計士という堅い仕事をしている彼ですが、実に素晴らしい訳詞になっています。以下に掲載しました。

=========
この春には青い鳥が
君の心に歌を捧げてくれますように
そして、なによりも
君が素敵な恋と巡り会えますように
緑の繁れる七月には
木陰で涼んで、冷たいレモネードを
健康には気をつけて
そして素敵な人と出会えますように
君と僕とがもう一緒に居られないこと
心苦しいけれど、充分わかっています
だから、いまの僕に出来ること
笑顔で君と、ここでお別れしましょう
嵐からは身を避けて
暖炉を焚いて身体を温めてください
雪降るような日には
君のそばに大事な人がいますように
==========

|

« Bluesin' Jazz Orchestra 結成25周年 | トップページ | やっとの掲載 »

コメント

ご盛会おめでとうございます。

sweetieさんの文章からも当日の盛り上がりが伝わってきます。
確かに継続は力ですね!!

益益のご活躍を。

投稿: Buddy Poor | 2010年11月21日 (日) 06時14分

Buddy Poorさん
コメントありがとうございます。
継続は力!そのとおりです。

当バンドのMTBやBiddy Poorさんゲストの山口真文さんとのつき合いも、最初から考えてみれば43年!今回25周年を迎えられたのも、これらの方々との長年のおつき合いがあったからです。これも継続の力ですね!

投稿: sweetie | 2010年11月21日 (日) 10時17分

Sweetie先輩

もう今年もあと僅かですね。何て速いのでしょう!!
皆さんの社会人バンド25周年というのは見事なレコードだと只ただ感心するのであります。
そしてこれから先の何年間は更に拍車を掛けて行かれる事でしょう。”一生もの”という事ですね。
来年春の早慶OBジャズ祭りはSweetie先輩を迎えての東西交流という事にもなります。この関係は大事にしてもっと大きなお祭りに発展させたいものです。

投稿: Birdie | 2010年12月16日 (木) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bluesin' Jazz Orchestra 結成25周年 | トップページ | やっとの掲載 »