« ネットワークオーディオの楽しみ 1 活用法 | トップページ | ネットワークオーディオの楽しみ 3 色男の歌 »

2013年12月25日 (水)

ネットワークオーディオの楽しみ 2 Pent House Radio

■ネットワークオーディオの狙いはCDの楽曲データ全てをHDに落とし、リモコン一つで検索再生をすることだった。CDをラックから一々取り出し、トレイに入れ再生する、終わればしまう、という従来の煩瑣な作業がたまらなく面倒なのでこれを避けたかった。要するにズボラかましたいということだった。

Imag0324k

このズボラかましたいという思いは、結構年季が入っている。一番最初はCD10連装の車のオーディ。次に50枚のCDが装填可能なPionerのコンポを購入。しかし、たちまち50枚ぽっちでは不満に。それならとONKYOの80GのHDを内蔵したHDオ-ディオに。約8,000曲をHDに収納しリモコン一発操作でオーディオを楽しんできた。ところが、11月にこのコンポが故障し再生不能に。そこで次に取り組んだのがネットワークオーディオコンポにというしだい。

■ところが、データのHDへの蓄積はほとんど進まず、目下のところInternet Radioに集中している。。とにかく部屋にいるときはほとんど流しっぱなしにしている。無論のことのRadioは無料。それでジャズ番組が聞き放題。これでは有線放送業は成り立たなくなるだろう。放送局は在米。日本国内の放送における著作権料処理などはどうなっているのだろうと要らぬ心配までしてしまう。しかし、Radioを聴く分には関係が無いので大いに楽しんでいる。

このRadio、様々な放送局があるが、中には酷い音質の局があるものの、おしなべて音質がよい。流れる音質はmp3であるが、ビットレットモードがipodの標準128kbpsよりはるかに高い192kbpsで流れているのも多い。高音質のオーディオメーカーLinnが流しているLinn Jazzにいたっては320kbpsという高音質が放送で聞ける。いかに流れている演奏が良くても音質ががいまいちでは興ざめだが、そんなことは無いのがよい。

■私の気に入っているInternet Radioでお気に入りに登録しているラジオ局は以下の通り。

  1. The Pent House Radio ジャズボーカル、スタンダードジャズなど、今最もお気に入り。
  2. Linn Jazz モダンジャズ、高音質の音源が惜しみなく流れる。新しいCDも結構流れる。
  3. Bebop nation 文字通り50年代60年代中心ののBebopが流れる。
  4. Bossanova Breakfast 文字通り軽やかなボサノバが流れる。ひたすら心地よい。
  5. Radio IO Big Band BasieはじめBig Bandの楽曲数々流れる。

その他クラシックもある。このRadioのおかげで最近はクラシックの楽曲も良く聴くようになった。ピアノソナタなどふと聞き込んでいることもある。
等々がお勧めの放送局。

■さて、私が最も楽しんでいるThe Penthouse Radioの内容をもう少し詳しくご紹介しよう。
これが実に良い。このところ聴いた内容をザット挙げると次のよう。

  1. jenifer sheehan 全く聴いたことのない女性ボーカルだがとても可憐。Cole PoterのIn the Still of the Night 妖しい曲想とのミスマッチがなんとも魅力的。
  2. Ray Anthony Orch 軽やかに奏でるトランペットソロ、朝のすがすがしさにぴったり。曲は Samba De Orfeu 質の高いBGM Ray Anthonyなんてほとんど聴く機会が無いので、実にありがたい。
  3. Matt Monro この人の歌が良く流れる。アメリカ人の中では根強い良い人気があるのではと思う。美声。さりげない男の色気が人気の秘密か。曲はThe Good Life
  4. Bill Perkins OrchのSamba De Orfeu ウエストコースのテナーの名手。Zoot Simzをもっと垢抜けてスマートにした感じのテナー。ともかく上手い!、あさやか!、歌う!
  5. Nancy WillsonのFly me to the Moon まだ“姐御”になる前の可愛いころのNacy。これも良い!今は堂々としてて近寄れないからね

■等々であるが、このRadioは一切流れている曲の演者、楽曲名などは一切アナウンスしない。では、なぜうしたデータが判るかといえば“Shazam”というAndroidのアプリのおかげ。

※冒頭画像は、Shazamで取得したタブレット上の楽曲データ

このアプリ、流れている音(但しCDなどの音に限り実演の音は不可)を聞き取って、演者。楽曲、アルバム名等々を検索してくれるソフト。放送ではアナウンスしないデータがつかめるたいへん重宝するアプリ。ただし、このアプリはどうもAmazonと連携しているらしく、Amazonで扱っていないCDなどの音データは認識しない模様。でも、このアプリがあれば、Internet Radio十倍は楽しめる。冒頭の画像をごらんください。取得したデータです。

皆さんもご活用を!

|

« ネットワークオーディオの楽しみ 1 活用法 | トップページ | ネットワークオーディオの楽しみ 3 色男の歌 »

コメント

sweetieさん、おはようございます。
アプリが必要とのことですが、
PENTHOUSEのトップページをクリックして現われる、loudCityの中段にあるThe Penthouse websiteの文字をクリックすれば、 演奏曲が変わる度に曲名もシンガーも画面に現れてきますよ。

投稿: ossama | 2014年1月14日 (火) 08時59分

ossamaそれは知りませんでした。
ありがとうございます。
また、色々とご教示ください。

※sweetieのNick Nameは止めました。
そのうちまた適当なのを付けようとは思っていますが。。。。

投稿: | 2014年1月15日 (水) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットワークオーディオの楽しみ 1 活用法 | トップページ | ネットワークオーディオの楽しみ 3 色男の歌 »